生姜の種類

生姜は世界で500種類以上の種類があります。
日本で市販されている生姜は、アジア原産のもので、日本独特の品種になっています。
その特徴として生で食べられるものです。
同じ生姜でも、収穫時期によって呼び方が違います。

新生姜は新しい若い物を指します。
その正反対の呼び名として、古生姜もあります。
もともと葉生姜が一般的に食べられるもので、茎や葉の部分を食べているものです。
そして、根にたくさんの養分を貯めて収穫されたものが、根生姜と言われています。
この根生姜をずっと土の中において、1年経って収穫した物を古生姜といいます。
新生姜を収穫したあとの初夏に収穫される中生姜は珍しいもので、めったにお目にかかることがないとされています。

日本全国で収穫ができますが、市場にでているものは、千葉や高知のものが一般的です。
また、京野菜としても生姜はありますし、各地にそれぞれ市場に出回らないご当地生姜等も数多くあります。

その地域に根ざしたそれぞれの生姜があるのですが、食べ方も地方で違っていたりと、郷土食豊かな食材としての顔もあります。
スーパーマーケットなどで、地元以外のものの生姜がある場合、根生姜として一般的なものと思ってよいでしょう。

生姜はほぼ一年間値段は変わらないとされていますが、つけもののシーズンになる時には、大量に出回って安くなります。
また、一部は輸入品もあり、こちらの方が値段は安くなっているのが特徴でしょう。